PaperCut 日本語

PaperCut MFは、印刷管理がシンプルで強力であることを一度に証明します。 PaperCut NGは印刷だけではなく、追跡また印刷ポリシーも設定することができ、Papercut MFはそれ以外のコピーやスキャンも可能にしさらに、大規模な教育機関や政府機関から民間の医療機関まで、あらゆる印刷環境で卓越した可視性と制御を実現できます。

PaperCutには、

  • 75,000人を超える顧客
  • 200ヵ国
  • 日本語及び30の言語に翻訳
  • 1億1500万人のユーザーを管理


  • 教育機関向け PaperCut






    PaperCut MF 印刷管理ツールの強み

    PaperCut MF、あらゆる規模の企業に適した、印刷、スキャン、およびファックスの管理をこれまでになく簡単にしたオールインワンソリューションです。

    • 誰が何を、いつ、どこで、どれだけ印刷したかすべての動作の追跡が残ります。スキャン、コピー、ファックスについても同じことが言えます。
    • 一つのキューへ印刷し、好きなプリンタで「ファインドミー印刷」機能を使用しカードなどをかざしタップすることで簡単印刷できます。
    • 機密情報を保護し、さらにセキュア印刷にてデジタルサインやウオーターマーキングすることができます。
    • 簡単操作タブでユーザーの印刷ポリシーを設定することが来ます。例えば:白黒、両面など
    • ユーザー、部署またはグループごとに割当を決めることができます割り当てすることでユーザーの印刷数を制限することが可能になります。
    • インターネットさえあればどこでも、お持ちのデバイスからの印刷を可能にします。
    • アクティブダイレクトリー、LDAPまたはその他のIDP認証サービスに接続しユーザーごとまたはグループごとに使用プリンタをあらかじめ決めることができます。
    • OCRを可能にすることで書類の文字や写真を検査また編集可能にすることができます。
    • スキャンしたドキュメントをDropbox、OneDrive、およびGoogle Driveなどのクラウドストレージへ直接送信することができます。
    • ローミングユーザーの必要に応じてプリントキューおよびプリンタドライバーが自動プッシュ設定


    The admin interface in Japanese

    PaperCut NG 印刷管理ツールの強み

    小規模企業におすすめであり、PaperCut NGを使用することで自社の印刷環境の追跡、印刷ポリシーを使用し管理する強力なツールです。

    印刷追跡

    • 誰が、どこで、いつ、何を印刷したかをわかることができます。

    BYOD印刷-モバイル印刷

    • ユーザーが個人デバイスを使用しどこからでも印刷できます。

    ポイントまたは割り当て

    • ユーザーごとにクォータを決めることで一人一人の印刷作業を管理することができます。さらに、ユーザーだけではなくグループごと部署ごとにも設定可能です。

    自動プリントキュー

    • ローミングユーザーには必要なプリントキューやプリンタドライバーをどこでも使えるように展開可能です。

    ユーザー行動への変更

    • プリントポリシーを設定することにより、ユーザーを両面または白黒で印刷させると、個人の印刷行動を意識するようになります。

    PaperCutの購入に興味ありますか?

    PaperCut MFは認定SIベンダー(ASC)を通じて購入できます。